JBA

JBA



試合日程・結果

女1

長崎県 vs 福岡県

試合データ

開催場所 東京体育館TC 開始時間/終了時間
試合区分 女1 主審
開催期日 2018年03月29日 副審
長崎県
60 14 1st 3 52 福岡県
7 2nd 15
20 3rd 17
19 4th 17
長崎県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 八十川 ゆずゆ 30 3 6 9 3
5 石橋 恵衣 0 0 0 0 5
6 下田 紗妃 - - - - -
7 * 池田 優 10 0 5 0 0
8 * 今川 彩美 4 0 2 0 4
9 鬼塚 花音 - - - - -
10 木下 絢音 0 0 0 0 0
11 田中 楓 - - - - -
12 中村 真都 - - - - -
13 森山 青空 - - - - -
14 * 髙田 麻央 4 0 2 0 3
15 * 筒口 佳代子 12 1 1 7 2
HC 馬場 薫里/ TEAM 0
合計 60 12 32 16 17
福岡県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 小材 叶奈子 16 1 5 3 1
5 原囿 美咲 - - - - -
6 吉村 詩乃 - - - - -
7 * 中嶋 そら 9 1 3 0 5
8 * 堂脇 さち 17 0 5 7 0
9 有吉 静流 - - - - -
10 赤間 静夏 - - - - -
11 * 池松 美春 5 1 1 0 5
12 上山 あすか 2 0 1 0 0
13 原田 和花 - - - - -
14 * 堀本 さくら 0 0 0 0 0
15 伊藤 葵 3 0 1 1 3
HC 山﨑 修/ TEAM 0
合計 52 9 32 11 16
S
スターター
PTS
総得点
3P
3ポイントシュート
2P
2ポイントシュート
FT
フリースロー
F
ファウル

レポート


 決勝トーナメント1回戦、長崎対福岡の戦い。福岡オールコートマンツーマン、長崎ハーフコートマンツーマンでスタート。序盤、両チームとも外角のシュートが決まらず苦しい展開となる。福岡は#8のドライブを中心に仕掛けるが、長崎の対応の早い3線のディフェンスから思うように点が伸びず、12-3で長崎リード。
 第2ピリオド、福岡#7の3Pシュートから少しずつ落ち着きを取り戻す。長崎の3線の寄りに対して、#4のストップジャンプシュート、#8の鋭いドライブが決まりだし徐々に点数を重ねる。対する長崎は#7のオフェンスリバウンドからの得点や、ポストプレーを中心に攻めるもなかなか点数が伸びずに21-18で前半を終える。
 第3ピリオド、前半とは打って変わって両チームともオフェンスの激しい展開となる。開始1分30秒福岡#7のオフェンスリバウンドからの得点、#4の3Pシュートで一気に逆転する。対する長崎も#4の3Pシュート、#8のバスケットカウントで応戦し、41-35で長崎リード。
 第4ピリオド、なんとしても追いつきたい福岡はディフェンスの激しさが増す。長崎は#4を中心に苦しいシュートを沈め続け猛追を許さない。残り1分18秒、長崎#4アイソレーションからの3Pシュートを沈め6点差とすると、福岡タイムアウトを要求。福岡は#15のリバウンドからのシュートを沈め、4点差、ここで長崎タイムアウト。タイムアウト開け、長崎は#14のジャンプシュート、 #4、#15のフリースローを落ち着いて沈め、10点差とすると勝負あり。最終スコア60-52とし、昨年度準優勝の長崎がベスト8を決めた。両チームとも最後まで諦めず激しいディフェンスを続ける素晴らしいゲームであった。

試合日程・結果

<!–一覧へ–>

3月28日(水)

予選リーグ 詳細へ>

※全会場入場無料 |

3月29日(木)

決勝トーナメント
男女1、2回戦 詳細へ>

チケット情報> |

3月30日(金)

決勝トーナメント
男女準決勝、決勝 詳細へ>

チケット情報> |

競技日程をダウンロード